低学年のあったかアクション5

投稿者:掛川中央小学校 | カテゴリー:あったかアクション, 1年生 31年度入学, 2年生(平成30年度入学) | 投稿日時:2020-01-23

 低学年のあったかアクションを紹介します。

1年1組
 12月25日のお楽しみ会のために、みんなで計画をして準備、練習をしました。
 係の人はことばを考えたり、歌に合わせてタンブリンを叩いたりしました。輪飾りをたくさんつくって教室をきれいに飾り、みんなでルールを守って笑顔いっぱいの楽しい会になりましたね。
 大成功でした。またやりたいね。

1年2組
 言われたことをすぐにやれるようにがんばっています。言われなくてもできる人がたくさんいます。
 帰りの会でのあったかアクションで、みんなががんばっていることを言える子が増えています。 長縄の練習を朝から進んでやっていて、よく頑張っています。

1年3組 
Aさんと、Bさんが遊んでいたので「仲間に入れて」と言ったら、「いいよ」と言ってくれたのでうれしかったです。

2年1組
Aさんは、いつも時計を見て、「次にこうした方がいいよ」とみんなに声を掛けてくれます。それだけでなく、友だちが困っていると、待ってくれたり、助けてくれたりします。素晴らしいあったかアクションです。

 Bさんは、いつも自分から気づいたことを進んで取り組み、クラスのみんなが過ごしやすくなるよう考えて行動しています。特に給食の後片付けは、毎日のように進んで片付けてくれています。ありがとう。

 Cさんは、同じグループのDさんが自信なさそうにしていたら、「Dさんの意見、すごくいいね」と言ったり、「困っていたらいつでも言ってね」と、温かく声をかけていました。ありがとう。

2年2組
 体育で長縄の練習をしているときに、Aさんが長縄を回してくれました。長縄を回しながら、「大丈夫、大丈夫」と声をかけてくれたり、自身のない子には、「今のとび方よかったよ」と励ましたりしてくれました。Aさんのふわふわ言葉で、温かい気持ちになれました。ありがとう。
 Bさんは、クラスでふわふわ言葉を増やそうと話し合いをすると、自分から進んでポスターを家で作ってきてくれました。みんなでがんばろうというBさんの気持ちがとってもうれしかったです。ありがとう。

2年3組
 毎日クラス全員で長縄の練習をがんばっています。失敗しても「ドンマイ」「次はこうするよ」など、温かい言葉が出てきます。

コメントは受け付けておりません。