ジャンプステージ式 児童代表のことば

投稿者:掛川中央小学校 | カテゴリー:あったかアクション, 1年生 31年度入学, 3年生(平成29年度入学), 5年生(平成26年度入学) | 投稿日時:2020-01-08

 1月7日、ジャンプステージ式が行われました。1・3・5年生の代表児童がジャンプステージでがんばりたいことの発表を行いました。紹介します。

ぼくは、ジャンプステージでがんばりたいことが2つあります。
1つめは、なわとびです。特にがんばりたいのが、二重跳びとはやぶさです。二重跳びは、5回くらいしか跳べません。いっぱい練習して、10回は跳べるようにがんばります。あと、はやぶさは全然できないので、5回はできるようになりたいです。


 
  もう1つジャンプステージでがんばりたいことは、国語の文章問題です。ぼくは、文章問題があまり得意ではありません。だからこれからは宿題で毎日やっている音読を「この本の登場人物は、どんな気持ちなんだろう」と、もっと文1つ1つを意識して考えながら読みたいと思います。これでぼくのジャンプステージでの発表を終わります。

 
 ぼくたち5年生は、スクラムを組んで立派なサブリーダーになれるようにがんばっています。チアステージでは、自然教室でスクラムを組むことができ、最高の思い出を作ることができました。
 今日から始まるジャンプステージは、中央小のリーダーになるための大事なステージです。このステージで、ぼくががんばりたいことは、2つあります。
 1つめは、5年生がリーダーとなって働く6年生を送る会です。ぼくは、その実行委員です。5年生の思いを1つにまとめ、6年生もみんなも笑顔になれる会を作っていきたいです。そのために、5年生になってから力がついてきたリーダー性を生かし、常に全体に目を向けてまとめていこうと思います。
 2つめは、5年生全体を高めることです。僕は後期学級委員をしています。学級委員は、クラスと学年を高めていかなければなりません。5年生には、まだまだ課題があります。特に、「中央小のやくそく」がきちんと守れるように声掛けを積極的にして、5年生全員が4月から中央小のリーダーとして輝けるようにしていきたいです。
 ジャンプステージは、特にこの2つに力を入れ、信頼される自分になりたいです。

コメントは受け付けておりません。