中学年のあったかアクション3

投稿者:掛川中央小学校 | カテゴリー:あったかアクション, 3年生(平成29年度入学), 4年生(平成28年度入学) | 投稿日時:2019-09-19

 中学年のあったかアクションを紹介します。

3年1組
 Aさんが転んでけがをしたとき、みんなが「だいじょうぶ?」と声を掛けてくれました。そしてその後、Bさんが保健室までついて行ってくれてうれしかったです。

 
廊下に習字の墨がついていたとき、Cさんが気づいて、ふいてくれました。ありがとう。

3年2組
Aさん、Bさんが、健康観察の時、毎日元気よく反応してくれるね。いつもみんなのお手本です。これからもその声と笑顔で朝からクラスを明るくしてね。

3年3組
 学級委員のAさん、Bさんをはじめ、Cさん、Dさんなど、時間を見て呼びかけてくれる人が増え、クラスみんなで時間を守ろうという気持ちが高まっています。


 
また、Eさん、Fさん、Gさんの日直の声が、とても明るく元気で、みんなが気持ちよく授業を始められました。

 
具合が悪くなってしまった人の為に、たくさんの人がランドセルの支度を手伝い、保健室に届けてくれるなどあったかアクションのできる人がいっぱいです。

4年1組
 授業一流係が「全員発表」を目当てにしたところ、全員が発表できるように、班の中で教え合ったり、譲り合ったりする姿があったかアクションです。
 自分の助けで友だちが発表したことを喜ぶ姿もあったかアクションです。

4年2組
 自分から進んで見つけ掃除をすることが上手になりました。
 友だちが体調が悪い時に、「大丈夫」と声を掛けてあげる人がたくさんいました。
 友だちの発表をしっかりと聞いて、自分の発表につなげる人が増えてきました。

4年3組
 書写の時間、習字セットのかたづけができていない人を手伝っていました。

高学年、のぞみ・ひかりのあったかアクション3

投稿者:掛川中央小学校 | カテゴリー:あったかアクション, 特別支援学級, 5年生(平成26年度入学), 6年生(平成27年度入学) | 投稿日時:2019-09-19

 高学年と、のぞみ・ひかりのあったかアクションを紹介します。

5年1組
 シャトルランで友だちが走っているときに、友だちのことを応援していました。
 くるみ幼稚園の子たちへの接し方などを意識したり、幼稚園の子たちのことを考えて、いろいろな工夫をして遊ぶ物を作っていました。

5年2組
夏休み明け、クラスの友だちをサポートしながらチームとしていろいろなことに取り組めています。あいさつイベントでは、お互いに声を掛け合いながらあいさつの意識を高めました。授業で給食が遅れてしまったときは、当番ではない人もクラスのために仕事を手伝ってくれました。「チーム」のためのあったかアクションすてきです。

5年3組
 サッとスッと移動ができるように呼びかけをしていました。
 ありがとうと言えるようになりました。

6年1組
 Aさんは、いつも進んで道徳の教科書や、社会科の資料集を配ってくれます。

それを見た、BさんやCさんなどたくさんの人がそれに続いて手伝ってくれます。あったかアクションがつながっていくのが、さすがです。

 
Dさんは、給食当番の人が欠席したときなどには、「手伝います。」と進んで仕事をしてくれます。そういうときが何度かありましたが、毎回気づいてやってくれます。まさに、あったかアクションです。

6年2組
 最上級生として、またペアとして1年生に優しく接する6年生!とても頼もしいです。あったかアクションいっぱいの姿はきっと1年生にも伝わっているはずです!!
 休み時間に楽しく一緒に遊んだり、優しく掃除を教えたりと、さすが6年生です!!
 そして、これから陸上練習が始まります。チーム中央小として、仲間と励まし合い、輝く姿を楽しみにしています。

6年3組
 6年3組は、「さんづけ」と「1分前着席」が100%できるようになるように、クラスみんなでがんばっています。友だちの名前を大切にしよう、公共の場だから、学校では「さんづけ」しよう。
 授業を大切に,皆で作り上げよう。授業を始めたら、メリハリをつけよう。
 目標を決めて、声を掛け合ってがんばる姿は、あったかアクションそのものだと思います。

6年4組
6年4組では、「呼びかけ」に力を入れています。自分だけが立派であることより、クラス全体がきちんと行動できることを目指します。そのために必要なことが「呼びかけ」です。少しずつですが、クラスのために声を出す人が増えてきました。
 呼びかけのあったかアクションがもっと増えるといいですね。

のぞみ・ひかり
 遊びのルールがわからない1年生に、2年生が優しい話し方で教えてあげていました。
 自分のやることが早く終わったときは、他の人の邪魔にならないように、静かに待てるようになりました。
朝教室に入ってくるときの「おはよう」のあいさつが気持ちよいです。掃除も時間いっぱいまでがんばっていますね。

低学年のあったかアクション3

投稿者:掛川中央小学校 | カテゴリー:あったかアクション, 1年生 31年度入学, 2年生(平成30年度入学) | 投稿日時:2019-09-19

 低学年のあったかアクションを紹介します。

1年1組
 掃除の時間に、Aさん、Bさん、Cさん、Dさんが、時間いっぱい、教室の隅々のゴミをきれいに集めてくれます。きれいになってとても気持ちいいです。ありがとう。
 あいさつなぞなぞのイベントが始まって、みんなに声を掛けたり、入り口あいさつをする人が増えたりして、うれしいです。もっともっとあいさつができると気持ちいいですね。

1年2組
 話の聞き方がレベルアップしています。友だちの発表をよく聞ける人が増えています。
 給食を食べる量が増えて、残す量が減ってきました。
 床に物が落ちていたり、汚れていたりするときに、進んで動く人がいて気持ちがいいです。

1年3組
 帰りの支度の時に、友だちの水筒を持ってきてくれる人がたくさんいます。

2年1組
委員会のイベントのおかげで、あいさつすることが楽しくなり、先取りあいさつをしている友だちがたくさん増えました。
係り活動をがんばっている子がたくさんいます。また、友だちからがんばっている姿を見つけることができる友だちもたくさんいてうれしいです。

2年2組
 クラス遊びでドッジボールをしました。そのときに、たくさんボールを取っていたAさんが「投げたい人いる?」「まだ投げていない人?」と聞いて、いろいろな人に渡していました。あったかアクションがあったので、みんなで楽しくクラス遊びができました。

2年3組
Aさんが、始まりの会の代表のことばを、全校生徒の前で一生懸命言うことができました。
 クラスの仲間も心の中で応援をしながら、いい姿勢でお話を聞くことができました。

9.6 3年生あいさつでむかえ隊

投稿者:掛川中央小学校 | カテゴリー:PTA | 投稿日時:2019-09-10

 9月6日、3年生の学年委員さんなどによる「あいさつでむかえ隊」が行われました。7人のお母さんと、2人のお子さんが参加してくれました。ありがとうございました。
 子どもたちのあいさつの様子について伺うと、「元気にあいさつしてくれて、私も元気をもらいました」「笑顔であいさつしてくれて気持ちよかったです」「照れながらも、ハイタッチをしてくれてうれしかったです」という感想がある一方、「表情がない子がいて、少し気になりました」という感想も出されました。より多くの子が、元気にあいさつができるよう取り組んでいきたいと思います。

さあ始まりの会

投稿者:掛川中央小学校 | カテゴリー:日々の活動, 2年生(平成30年度入学), 4年生(平成28年度入学), 6年生(平成27年度入学) | 投稿日時:2019-08-29

 8月27日、夏休みが明け、子どもたちが中央小に戻ってきました。
 今朝、「さあ、始まりの会」を行い、2・4・6年の代表児童が、チャレンジステージ後半にがんばりたいことの発表をしました。紹介します。

 ぼくがこれからがんばりたいことは2つあります。
 1つめは、漢字です。先生が、
「2年生で習う漢字の数は、小学校の中で一番多いんだよ。」
と教えてくれました。覚えるのは大変だけど、毎日繰り返し練習して、しっかり覚えたいです。そして、漢字テストも1回で合格していきたいです。
 2つめは、算数のかけ算です。かけ算は、これから先もずっと使うので、問題が出たらすぐに答えが言えるようにしたいです。すらすら言えるようになったら、気持ちがいいと思うからがんばりたいです。

ぼくはチャレンジステージでがんばりたいことが3つあります。
 1つめは、授業です。4年2組の目指す授業像は「あたたかい反応でみんなで作り上げるやる気いっぱいの授業」です。ぼくは、いつも発表をがんばっています。しかし、自分の考えがはっきりと友だちに伝わっていないと感じるときがあります。だからぼくは、どうしてそう思ったか、理由を付けて発表して、友だちにもはっきり分かりやすく伝える工夫をしていきたいです。
 2つめは、キラリふれあいコンサートです。10月の本番に向けて、これから練習していきます。僕は歌が苦手だけど、みんなで一緒に歌うことは好きです。4年生が心を1つにして、最高の合唱にしたいです。
 3つめはクラブです。僕は将棋クラブに入りました。昼休みは「将棋をやろう」と友だちを誘って、将棋を指しています。友だちとの対局は、いつもドキドキして、勝つとうれしいし、負けると悔しいです。11月には、小学校対抗の将棋大会があります。もっと強くなって大会で勝ちたいです。

 私たち6年生は「つなぐ」という言葉を合言葉にして、中央小のリーダーとしてがんばっています。
 チャレンジステージ前半までに、私たちは「さんづけ」を意識して生活してきました。意識したことで言葉使いがていねいになり、学校全体が優しくて穏やかになったと思います。これからも中央小のリーダーとして「さんづけ」だけでなく、「あいさつ」も積極的に取り組み、全校の先頭に立っていきたいと思っています。
 チャレンジステージ後半になって、私個人として特にがんばりたいことが2つあります。1つめは、学習です。来年には中学生になるので、今よりも勉強が難しくなると思います。先生や友だちの話をよく聞いたり、進んで発表したりして、積極的に授業に参加して理解を深めたいです。
 2つめは、集団行動です。11月には、修学旅行があります。中央小の最高学年として礼儀正しく、正しい判断力で行動しなければなりません。みんなでできるように、日頃から意識したり、声を掛け合ったりして協力して取り組んでいきたいです。
 そして6年生としての自信を持って、チアステージにつなげていきたいです。